無意識にやっている習慣でデカ顔に!

BAshutterstock_145642915-500x500

こんにちは!
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川
ブラジリアンワックス脱毛サロンibizawax事務のAyakaです!

お顔の印象を大きく左右するフェイスライン。
エラが発達していると、四角い顔になりキツイ印象を与えやすくなります。

エラ張り顔は無意識の習慣で出来上がってしまうものなのです。
そこでエラ張りの原因とそのケア方法をご紹介します!

エラ(咬筋)は上の歯と下の歯を食いしばったときに硬くなる筋肉です。
咬筋の力はとても強く、自分の体重ほどの力がかかるといわれています。
例えば、体重が約50kgの方が食いしばれば、50kgほどの負荷がかかるといわれるほど。

エラが発達してしまう一番の原因は
『食いしばり』なのです。

エラ張りに悩んでいる人は
普段何気なく口を閉じて息をしている際に、
『上の奥歯と下の奥歯が当たっている』ことがほとんどです。
逆にエラが張っていない人は、
食事以外の時間は上下の奥歯は触れ合っていない状態です。

この事実に気が付いていない人がほとんど。

上の奥歯と下の奥歯が触れ合っている状態が当たり前なので、
それに気がついていないだけなのです。

この違いに気がつくかつかないかで、
フェイスラインに与える影響はとても大きくなります。

そこで、簡単なセルフケアをご紹介!
顎を小さく前後・左右に動かすだけです。
このときに、エラに力が入っていないことを意識してください。
力が入っていると、エラの筋トレになってしまうので、
あくまでもゆるく動かすのがポイント。

イライラしているとき、頑張っているとき、
ストレスが多いときに歯を食いしばっているかも…
と自覚されている方は多いと思います。
ですが、一番厄介なのが何もしていない無意識の時の食いしばり。

はじめは慣れなくて、難しいかもしれません。
しかし慣れる頃には、咬筋もゆるんできて、
見た目にもフェイスラインがすっきり変化してくるかと思います。
ぜひ日頃から気をつけてみてください!
8月限定のクーポンがもうすぐ終了!
この機会に是非ご予約を★

TEL:0354134380

ブラジリアンワックス知恵袋100選