アンチエイジングな食べ方

I033141761_219-164

こんにちは!
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川
ブラジリアンワックス脱毛サロンIbizaWax

受付スタッフのAyakaです!

 

 

 



食べることで美しい身体を作ることは、

もはや常識ですよね。
もちろん、質のよいものを

身体に取り入れることは大切ですが、
食べてばかりではダメ!
食べないことも、アンチエイジングに繋がるのです。

 



1.食べ過ぎない
いくら身体にいい働きをするとはいえ、

もうお腹がいっぱいなのに
無理をしてでも食べていることはありませんか?
私たちの身体に備わっている長寿遺伝子は、
細胞の生まれ変わりや修復、脂肪の燃焼、

活性酸素の除去など、身体を活性化させますが、

空腹を感じないとスイッチがONになりません。
常に腹七分目を心がけましょう!


2.空腹を感じてから食べる
空腹を感じるのは、
グレリンという胃から分泌される

ホルモンの働きによるものです。
このグレリンは、食欲を増進させる働きのほか、
成長ホルモンを分泌させる働きがあります。
成長ホルモンには、脂肪を燃焼させて

エネルギーに変える働きがあります。
ですから空腹を感じた時は、
脂肪を燃焼させてエネルギーを

作り出しているということです。


3.寝る3時間前は食べない
食べたものが胃から移動するまでに

3~4時間かかるといわれています。
ですから、食べてすぐに寝てしまうと、
寝ている間も消化しなくてはならず、

身体は休まりません。
とくに、寝入りばな3時間の深い睡眠の時に

成長ホルモンが
分泌されるといわれているので、
寝る3時間前には食べるのをやめ、
熟睡できる状態で眠りにつきたいものです。


食べてキレイを実践するためには、
プラスばかりでなくマイナスも必要です。
食生活を規則正しくして、
美容・健康を維持したいですね。


当日予約も大歓迎!
お気軽にご連絡ください。
TEL0354134380

ブラジリアンワックス知恵袋100選