ドライアイ対策

I033207912_219-164

こんにちは!
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川

ブラジリアンワックスサロンIbizaWax のyuuna です。 

 

 



PCや書類を凝視する人によく起こるのが、

目が乾いてシバシバ、ショボショボする

ドライアイです。
違和感や不快感を抱いていても、

「目を酷使しているから仕方がない」と

そのままにしている方も多いようです。

ドライアイは、「実用視力」の低下をはじめ、

肩こりや頭痛につながる場合もあるので、

自分でできる簡単な対策を知り、

ドライアイを防ぎましょう!

 



1.目と目元を約40℃の蒸気でじんわり温め
涙は、水分、ムチン、油分で構成されています。

眼球を覆う働きをする油分は、

上下のまぶたの内側にあるマイボーム腺から

分泌されています。

ところが、マイボーム腺の詰まりが進行すると、

油分がバターのように固まってしまい、

マイボーム腺から分泌されにくくなり、

ドライアイの原因になります。
固まった油分を溶かすのに効果的なのが、

目を温めることです。40℃くらいの蒸しタオルを

目に乗せて、10分ほど温めましょう。
収縮した目の筋肉をほぐすこともできるので、

疲れ目の改善にもつながります。

 



2.ドライアイと同時に起きやすい肩こりも温めて改善
ドライアイや疲れ目と同時に起きやすいのが、

首や肩のこりです。

これらの悩みに共通しているのは、

筋肉の緊張が関わっている点です。

首や肩のこりも気になる人は、

首や肩も蒸しタオルなどで

温めて筋肉をほぐしましょう。



3.エアコンと加湿器の使い方で空気の乾燥を防ぐ
エアコンが効きすぎた職場や、

エアコンの風が直撃する席で長時間過ごすことで、

目の乾きを加速させているケースもあります。

可能であれば、送風口の方向を、

顔や目に当たらないように調整しましょう。
望ましい室内の湿度は50%以上が目安。

空気が乾燥するときは、加湿器を使って、

乾燥を防ぐことも大切です。

加湿器の設置が難しい場合は、

水を入れたコップやコンパクトな加湿器を

デスクに置きましょう。



その他に、自分に合ったメガネやコンタクトを

使う事なども大事だそうです。
携帯やパソコンを使う機会が多い

今の時代だからこそ、対策をしっかりしましょう!

 



お気軽にご連絡ください。


TEL0354134380

 

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選