メイク道具お手入れの仕方

I035666439_219-164

こんにちは
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川
ブラジリアンワックス脱毛サロンIbizaWax

ワクサーNAOです。

 

 

 

毎日メイクしているのに意外と知らないのが、

パフやブラシ、ビューラーといった

メイク道具のお手入れ方法です。

汚れたまま使っていると、メイクアップ化粧品が

ムラづきしたり、本来の色味通りに

うまく発色しなかったりして、

美しい仕上がりにはなりにくいもの。

メイクにも余計に時間がかかってしまいます。

また、メイク道具には汗や皮脂、

ホコリなどが付着しやすく、

雑菌も繁殖しやすいので、

汚れたまま使っているとニキビや肌荒れ

といったトラブルの原因にもなります。  
ではメイク道具のお手入れの仕方をご紹介いたします。



スポンジチップの正しいお手入れの仕方
【お手入れ方法】
「ぬるま湯+中性洗剤でやさしくもみ洗い」

が基本です。

洗った後は乾いたタオルで水気を拭き取り、

日陰で乾燥させましょう。



身近にある洗剤では、食器洗い用洗剤や衣料用の

おしゃれ着洗いの洗剤の多くが中性にあたります。

また、スポンジ洗い専用の

クリーナーを使うのもおすすめ。

各ブランドからも発売されているほか、

最近では100円均一ショップなどで購入できる

手頃なパフ・スポンジ専用洗剤もありますので

チェックしてみてください。 
3~4日に1回くらいの頻度で洗う 


メイクブラシの正しいお手入れの仕方 
【お手入れ方法】
ブラシに汚れが残ったままだと、すべりが悪くなり、

やがて毛先が固まってしまうことも。

表面についた軽い汚れはその都度、

テーブルに敷いたティッシュペーパーの上で

筆の表面をそっとすべらせるようにして

やさしく落としましょう。

毛の内部に入り込んだパウダーや汚れは、

筆をコームでとくと、かき出すことができます。



汚れが目立ってきたら、専用のブラシクリーナーを

使って洗うのが確実で安心。

高温のお湯で洗うと劣化の原因になるため、

洗う時は必ずぬるま湯で。

洗った後は水気を軽く絞るように毛先を整え、

タオルなどに寝かせて陰干ししましょう。

ブラシの中心部分まで完全に乾くには

かなりの時間がかかるため、3日間ほど乾かします。 



コームかけは1週間に1回くらいが目安。

水洗いはあまり頻繁に行うとかえって

劣化を早める恐れがあるので、

汚れがひどくなってきた時に行いましょう。 



メイク道具を綺麗にしてから使うと

気分もあがりその日一日ハッピーになりますねっ

ブラジリアンワックス知恵袋100選