夏の紫外線による目のダメージ

I037642197_219-164

こんにちは!
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川 

ブラジリアンワックス脱毛サロンIbizaWax

ワクサーNAO です。

 

 

 

 

今日は紫外線が目に与えるダメージについてかきます。

 

 


・白目が黄ばむ


・充血、ヒリつく痛みを引き起こす


・視界が歪んだり部分的に暗くなる

 「黄斑変性症」や、「白内障」などの病気を招く


・老眼を促進する

 


どれも怖いですね。
こうしたリスクを防ぐためには、

日常から目に降り注ぐ紫外線を防ぐことが必須

目の紫外線対策のポイントは、

以下の3つです。

 

 

 

(1)朝と夕方に気をつける

紫外線を含む太陽の光は、

昼間は頭の真上から降り注ぎますが、

朝と夕方は斜めの角度から

直接目に射し込んできます。

多くの人にとって通勤時刻でもあるこの時間帯、

とくに油断禁物です。

 


 
(2)必ず「UVカット」のサングラスを使う
目の紫外線対策には、サングラスを常用するのが

一番効果的です。

その際、サングラスは必ず「UVカット」加工

のあるものを選びます。
注意したいのは、

色の濃さはUVケア効果とは無関係だということ

UVカット加工のないサングラスで

濃い色のものは、瞳孔が開くため

かえって多くの紫外線を取り込んでしまうのだとか。

UVカット加工がされたもの、

できればフレームが大きいサングラス

(目の周りまでしっかりカバーできます)

を選び、まめに着用して目を守りましょう。

 


 
(3)角膜ダメージをケアする目薬を使う
いくらサングラスをしていても、

100%紫外線を防ぐことはできません。

隙間から入り込むこともありますし、

サングラスを外すことだってあります。

そうして受けた紫外線ダメージを

蓄積させないために、

角膜を修復する機能のある目薬を

サングラスと併用しましょう。


角膜ダメージは、放置すると目の病気や

炎症悪化の原因となります。

それを防ぐには、角膜の新陳代謝を促進して

ダメージ修復を促す「活性型ビタミンB2」、

角膜にうるおいを与えて保護する

コンドロイチンといった成分が含まれる

目薬を選ぶのがおすすめだそうです。


「日本人は、瞳の光彩の色が濃いため、

欧米人と比べてまぶしさを感じにくい」のだそう。

まぶしくなくても紫外線を浴びている可能性が

大きいので注意が必要とのことです。

曇りの日の紫外線、また屋内や車の中でも

窓から射し込む紫外線にも注意しましょう.

 

 


サングラスでUVカット、目薬で角膜をケア。

たったこれだけでできる「目の紫外線対策」
0354134380

ブラジリアンワックス知恵袋100選