静電気による髪のダメージを防ぐ方法

こんにちは!
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川
“やさしいブラジリアンワックス脱毛サロン“
IbizaWaxTAKARAです!

 

 

 



冬は湿度が低くて空気が乾燥しているため、

何かに触れたときに摩擦で

静電気が発生しやすくなります。
静電気が生じると何がどう髪に悪いのでしょうか。

 


・ぼさぼさ、ぱさぱさになってまとまりにくくなる。


・水分が少ないために潤いやツヤのない髪に見え、

切れ毛や抜け毛も増える



冬の静電気による髪のトラブルには、
乾燥を防ぐこと、
保湿することが大事です。



【静電気による髪のダメージを防ぐ方法】



・木製のブラシを使う
ヘアブラシの素材によっては、

静電気が起こりやすい、

起こりにくいものがあります。

「静電気を除去する」とうたう

ヘアブラシを使用しましょう。

プラスチック製よりは、
木製のヘアブラシやコームを
使うほうがよいでしょう。



・ソフトなブラッシンクで摩擦を防ぐ
ブラッシングはソフトにくり返します。
ただし、しすぎると摩擦の

発生回数が増えて傷みやすくなるので、

「髪をとくことができたな」と思う程度にしましょう。

からまっている場合は無理に引っ張らずに、

まずはその部分を指やコームでそっとほどく、

もしからまりが激しいなら洗い流さない

トリートメントやヘアオイルをつけてからほどき、

ソフトタッチでとかしましょう。



・入浴後は洗い流さないトリートメントで保湿
ヘアオイルで保湿を洗い流さないトリートメントや

ヘアオイルには、髪をまとまりやすくする、

乾燥や摩擦、静電気から髪を守る働きがあります。

髪も顔同様に、毎回、保湿のための

ケアを行いましょう。

 

 



 
適切なブラシでのソフトなブラッシングや

アウトバスでのトリートメントケア、

髪に静電気を溜めないことが重要だということです。

ぱさぱさ髪にならないように、

乾燥する季節は静電気ケアを続けましょう。

 




当日予約も大歓迎!
お気軽にご連絡ください。
TEL0354134380

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選