肌タイプによる日焼けの違い

こんにちは!
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川 八王子
“やさしいブラジリアンワックス脱毛サロン“
IbizaWaxHitomiです!

 




しっかり日焼け止めを塗っていても、
日焼けしやすい人と日焼けしにくい人がいます。


日焼けしやすいからといって
シミになりやすい…という訳ではありません。

 


メラニン色素の量や、紫外線によって

メラニン色素を作り出すメラノサイトと

呼ばれる細胞の活性の違いです。


肌タイプは老化などに左右される事はなく

産まれた時に決まっていて、
遺伝による物が大きいと言えます。

 




●黒くなるタイプ

細胞がダメージを受けないように、
メラノサイトがメラニン色素を作り出し、
皮膚の奥に紫外線が入らないように防いでくれます。
日焼けをして赤くなって黒くなる人は
メラノサイトがしっかりと働いて細胞を

守ってくれている証拠なのです。
なので、日焼けしやすいからといって
シミになりやすい…という訳ではないので

ご安心ください。

 




●赤くなるタイプ

赤くなってそのまま黒くならない肌タイプの方
一見、日焼けしにくいと思われがちですが、
肌細胞にはダメージが蓄積され光老化が

おこりやすいのが特徴。
白い肌は素敵に見えますが、肌タイプから言えば

紫外線によるダメージを起こしやすいので、
色黒の方よりも一層の日焼け対策が必要。

 



敏感肌の方は皮膚に炎症をおこしやすいです。
日焼けは紫外線により炎症をおこした火傷と同じなので、
敏感肌の方は特に日焼け止めや遮光をしましょう。
また、肌の水分量が少ないと天然の

日焼け止めバリア効果のある角質が
ランダムにはがれてしまうので
夏でもしっかり保湿してください。



ご予約お待ちしております!
お気軽にご連絡ください♪
TEL0354134380

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選