トラウマセンシンティブヨガ

こんにちは!
東京 六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川八王子
“やさしいブラジリアンワックス脱毛サロン”

IbizaWaxNAOです。

 

 

トラウマセンシティブヨガとは

トラウマセンシティブヨガとは、

子供のころの発達性トラウマへの

アプローチとして作られたものです。


近年は身体にアプローチする方法も注目されています。

 


それでは、トラウマセンシティブヨガの

ポイントについて紹介していきます。

 



トラウマセンシティブヨガのポイント

今この瞬間に注意を向けることです。

過去の記憶ではなく、未来の心配や予想でもない。

何かをあれこれと空想するのでもないです。



「今」に関することなら、何を感じてもいいです。

例えば、呼吸、筋肉の伸びとか縮み、

力の入り具合、傾き、重心、身体反応、気持ち、

心臓のドキドキ、内臓の感覚。

また、何も感じないことも気づきであり、

何も感じないからヨガが

失敗している訳ではありません。

 



自分で選ぶこと


ポーズや動作を強制せず、代わりに選択肢を

提示したり、「こんな方法もあるよ」と声かけをして、

「ポーズを取るか取らないか」、

「ポーズを取るならどんな風に取るのか」、

「手をあげるならどれくらいあげるのか」など、

決定権は全て自分にあります。



今まで無意識的に外部に合わせていたところを、

自分の内部に意識を向けて行動することで、

トラウマの影響から離れられる可能性があります。

自分の気持ちや身体の感覚をもとに、

自分で自分のために行動を選ぶことです。

 

しかし、それをいきなり実生活でやるのは

ハードルが高いです。

いずれ実生活できるようになるため、

その練習をヨガでやるというわけです。

 



効果的な行動をとること

最後に、効果的な行動を取ることです。

身体感覚をもとに行動すると、不快だった

身体反応が軽減することがあります。

 

例えば、

「足がしびれていてポーズを変えると足が楽になる」

「体側を伸ばすと呼吸がしやすくなる」などです。



効果的な行動を取ることは、

自分に意識を向けて、自分を大切にしないと

できないことです。



行動は実際に起こさないと、

どんな効果があるか分からないです。 

 


 
家にいるとネガティブな事も考えて過去を

振り返ってしまう事があります。

 

そんな時にヨガをしながらトラウマに

向き合って見るとスッキリします。

 

是非試してみて下さい。 

TEL0354134380

ブラジリアンワックス知恵袋100選