ブラジリアンワックスが与える肌への影響について

こんにちは! 
六本木 新宿 渋谷 銀座 沖縄 川崎 横浜 二子玉川 八王子
“やさしいブラジリアンワックス脱毛サロン“
IbizaWax受付スタッフです



ワックス脱毛は根本から毛を抜くことで施術後スグに
すべすべツルツルのお肌を手に入れることができますが、
引っ張ってはがすことに対して肌への影響を心配される方も
いるかと思います。
今回はワックス脱毛が肌に与える影響についてお話します★



肌トラブルとして、
施術後に赤みやほてりが出ることは一般的にあります。
特に皮膚の中でもVIO部分に関しては非常にデリケートなので、
引っ張って剥がすという刺激によって、
一時的な炎症が肌で起こることがあります。



ですが、基本的には一時的なものなので、
気になる場合や赤みが強く出る場合には、

冷却すると早く回復します。



もし炎症が遷延化し、いつまでもほてりや赤みが続くという場合は、
ブラジリアンワックスがご自身のお肌に

合っていない可能性が考えられますので
一時中止して様子を見たり、

保湿などのケアを行うようにしてください。



また、施術後のお肌はとても乾燥しやすいので
ワックス後30日程度は必ず保湿のケアをして乾燥を防いでください。
ケアの際、油分の多いボディバターやクリームを使用すると、
開いた毛穴に油分が詰まって

肌トラブルの原因になりますのでご注意ください。
化粧水や乳液など低刺激なものを使って

たっぷり水分補給をしてあげましょう。



セルフでワックス脱毛を行う場合に関しては、
肌トラブルが多く発生しますが、

プロにやってもらうことで危険性は
少なくなりますので是非一度お店にお越しください。

 

 


ご予約お待ちしております♪
TEL 03-5413-4380

ブラジリアンワックス知恵袋100選