84. 自己流ブラジリアンワックス脱毛…綺麗に脱毛するためには?

025

東京の銀座・新宿・渋谷・六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)です。
ブラジリアンワックス脱毛は、その手軽さから、自分で脱毛を試みる人が多いです。
部位によっては、非常に綺麗に簡単にできるため、何ら問題はありません。
ただ…しっかりと知識を身に付けてブラジリアンワックス脱毛を行わないと、痛い目を見てしまう可能性も。
ということで、ここでは自宅でブラジリアンワックス脱毛をする人向けに、やり方や注意点を説明していきたいと思います。

ブラジリアンワックス脱毛の基本的な流れをまず理解しよう

自分でブラジリアンワックス脱毛をするために、まずは基本的な流れを把握しましょう。
基本を蔑ろにすると、痛い目を見てしまうのは火を見るより明らかですからね。
では、早速

ブラジリアンワックス脱毛の手順

・脱毛したい部位が乾いていることを確認(乾いてないとワックスが上手に塗れません)
・乾いていることを確認したらベビーパウダーを薄く塗る
・ベビーパウダーの上からワックスを“毛の流れに沿って塗る”(毛の流れに沿って塗ることが上手に脱毛できるか?のポイントになります)
・更にその上からシートを押して、ワックスをなじませる
・少し時間が経過したら一気に塗ったワックスを剥がす(剥がすとき塗った方向とは逆方向にすること)
・剥がした後、残ったワックスを綺麗に拭き取る
・脱毛した部位を化粧水などでしっかりとケアする(ケアをしなければ埋没毛や炎症を起こしてしまう可能性があります)

上手にブラジリアンワックス脱毛をするためのコツとは?

基本的な流れを読めば「ブラジリアンワックス脱毛って意外と簡単なんだ」と感じた人もいらっしゃることでしょう。
簡単だからこそ、自己流で脱毛をする人が増えているわけですが…単純だからこそ、難しいという側面もあります。
つまり、プロに脱毛をしてもらうのと、仕上がりがやはり大きく変わってきます。
自分で行うことに限界というものあるため、プロ並みに脱毛することは難しいということは言うまでもありません。
とはいえ、少しでも上手に脱毛したいと考えるのが心情というもの。
ここでは、上手に脱毛できるコツを少し紹介したいと思います。

ワックスを塗るとき剥がすときは皮膚をたるませない

自分で脱毛となると、ワックスを塗るとき、部位によっては、かなり無理な態勢をとらないといけない場合があります。
VIOゾーンのIライン、Oラインなど。
特にIラインは、ただでさえ皮膚のたるみがあり、かつ塗るときは前かがみになるため、どうしても皮膚が「縮んだ状態で塗る」ことになります。
これがたるみになってしまい、ワックスが上手に馴染まないのです。
馴染まなければ、剥がしても上手に脱毛することはできません。
したがって、塗るときはしっかりと皮膚をたるませないのがコツになります。
また剥がすときも同様です。
片方の手で一気に剥がし、もう片方の手は、少しでも皮膚を伸ばすよう押さえておく、綺麗に剥がせますし、痛みも軽減できます。

ムダ毛を適度の長さにする

ブラジリアンワックス脱毛のポイントは、実は毛の長さも重要になります。
「短すぎず長すぎず」…これを心がけて脱毛をするようにしましょう。
一般的に、ブラジリアンワックス脱毛は5mm程度の長さがあれば脱毛できると言われています。
しかし、初めて行う部位であれば、1cm~1.5cm程度の長さにしておくとよいです。
短すぎると、どうしても「掴みきれない」という毛が多くなってしまう可能性があるからです。
確実性を求めるのであれば、もう少し長くした「1cm~1.5cm」がベストなのです。

気になるアフターケアは?

自宅でブラジリアンワックス脱毛をした場合、軽視されてしまうのが「アフターケア」です。
無理やりムダ毛を一気に抜いたわけですから、肌にかかるストレスは非常に大きなものになります。
放っておけば、肌荒れや赤み、炎症、埋没毛など、残念な結果になりかねません。
最後までしっかりと行うことが、自己流ブラジリアンワックス脱毛の真髄。
ということで、アフターケアについても、しっかりと勉強をしていきましょう。

単純に保湿をしっかりと行うこと

脱毛後は、肌が非常に敏感な状態で、毛穴も開いている状態になります。
また乾燥しやすい状態にあるため、しっかりと保湿をすることが大切になります。
保湿をしておけば、開いた毛穴からゴミが入ってしまい炎症を起こしてしまうという流れを防ぐことが可能に。
また、乾燥も合わせて防ぐことができるため、一石二鳥というわけですね。

脱毛直後はラフな格好をすること

脱毛直後の服装はラフな格好にしておくとよいでしょう。
特にVIOゾーンを脱毛した場合は、下着の締め付けだけでもストレスになり、肌荒れの原因になってしまうこともあります。
だからこそ、緩めのラフな格好も1つのアフターケアになるわけです。

スクラブ入り洗顔で脱毛部位をマッサージ

脱毛後、しばらくしたら、埋没毛を防ぐために、スクラブ入り洗顔で、脱毛した部位をマッサージするとよいでしょう。
つまり開いてしまった毛穴を綺麗にして肌表面を滑らかにするためです。
ある意味で、ブラジリアンワックス脱毛後は、スクラブ入り洗顔が活躍してくれるタイミング。
積極的に行うと良いです。

まとめ:自分でブラジリアンワックス脱毛をすることは可能だけど慣れるまでが大変

自己流で脱毛することができることが、ブラジリアンワックス脱毛のメリットですが、正しい知識を身に付けなければ、綺麗に脱毛はできません。
一見、簡単そうではありますが、実際にやってみると意外に難しいと感じます。
だからこそ、慣れるまでめげずに自分で脱毛をすることが、自己流ブラジリアンワックス脱毛の成功の鍵を握っています。
また、脱毛後もしっかりとケアすることも大切です。
東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選