28. 男性の金玉の毛をブラジリアンワックス脱毛する

15ccf7d08833c24a92c608a73374b7b9_s

VIOとブラジリアンワックス脱毛を理解しよう

どうも、東京の銀座・新宿・渋谷・ 六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)です。脱毛というと女性のための施術というイメージを持たれる方も多いようですが、最近ではメンズエステで脱毛を希望する男性も増えてきているみたいです。

ムダ毛がボーボーだと汚らしいとかだらしないと思われる傾向があるみたいで、スッキリしたいと希望する男性も増えています。当サロンにも男性でムダ毛の処理をしたいと相談に訪れる人もしばしば見られます。

男性の中には、金玉の陰毛を処理したいと思っている人も多いみたいです。このような個所のことを私たちの世界では、VIO脱毛といいます。女性ならどれがどこを指しているのかピンとくるかもしれませんが、男性の方の中にはVIOがどの部分を指しているのかわからないというケースも少なくないようなので、初歩編としてVIOラインについて簡単に紹介します。

まずVラインと呼ばれるところですが、竿と玉の上部にわっとモジャモジャ生えている部分があると思います。この部分の脱毛になります。

ではIラインとはどこかというと、玉から肛門の周辺の陰毛のことをさします。「蟻の門渡り」という言葉を聞いたことはありませんか?この蟻の門渡りに生えている陰毛をIラインといいます。

最後のOラインに関してですが、平たく言ってしまうとケツ毛です。肛門周りに生えているムダ毛の処理をすることをOライン脱毛といいます。ちなみにすべての箇所にモジャモジャ陰毛が生えていて処理を希望するのであれば、VIO脱毛をする形になります。

玉袋のムダ毛処理はブラジリアンワックスで可能

男性の中で、玉袋のところに毛が生えている人は多いです。男性の中でタマ毛の生えている割合は6割と半分を超えているというデータもあるほどです。

タマ毛が生えていると汚らしい感じがして、ビジュアルの問題が発生します。その他にも玉袋にうっそうと陰毛が生えていると、蒸れやすくなります。

よく夏場、股間が堪えられないほどの痒みに襲われるという男性は多いでしょう。これは股間が汗や熱気によって蒸れることが関係しているのですが、うっそうとしたジャングルと一緒でタマ毛が生えているとどうしても蒸れやすくなります。タマ毛を処理することで、多少なりとも股間の夏場の痒みを軽減することは十分可能です。

玉袋のムダ毛を取り除くにあたって、ブラジリアンワックスを行うのは有効です。レーザー脱毛や光脱毛の場合、箇所が箇所なので施術に対して慎重になるサロンも多く見られます。

しかしブラジリアンワックスは、ワックスを塗ってはがすという、ある意味原始的な方法で施術を行っていきます。ですからタマ毛であっても問題なく処理することが可能です。

タマ毛脱毛は痛くないの?

タマ毛脱毛は先ほど紹介したVIOの中でもIライン脱毛に含まれます。東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」では、VIO脱毛ごとに料金を設定しているので事前にホームページなどで確認すると良いでしょう。

ブラジリアンワックス脱毛は玉袋にワックスを塗って、固まったところでそれをはがし、ムダ毛を引っこ抜く施術です。このように言われると、かなり痛いのではないかと思う人もいるでしょう。

はっきり言って、まったく痛みを感じずにムダ毛の処理をするのは難しいでしょう。ただし毛抜きなどを使って1本1本処理をするのと比較すれば、一気にムダ毛の処理もできるはずです。また最近のワックスを見てみると、極力痛みを感じないような配慮もなされているのでそれほど痛みについて心配する必要はないでしょう。

1回ブラジリアンワックスの施術を受けただけでも、タマ毛がきれいに脱毛できるはずです。玉袋がツルツルの状態になって、子供のころに見たときの状態を再現できます。玉袋がツルツルな感じにはまってしまって、何度もブラジリアンワックスの施術を受ける人もいるほどです。

ブラジリアンワックスのVIO脱毛は恥ずかしくない?

VIO脱毛をするにあたって、「施術中恥ずかしくないの?」と心配する人は多いです。何せ箇所が箇所だけに、竿や玉、さらには肛門が丸見えになってしまいます。これは初めて施術を受けるときにはかなり恥ずかしいでしょう。

ちなみにVIO脱毛をするにあたって、VラインとIラインに関してはあおむけの状態で、Oラインはうつぶせの状態で施術を受ける形になります。いずれもちょっと両足を開く形で施術をします。

かなりきわどいところまで脱毛を希望するようであれば、局部が丸出しになってしまうこともままあります。しかしエステティシャンは、局部に関しては関心を持ちません。

エステティシャンは日に何人もの人たちのムダ毛の施術を行っています。いちいちその人の体つきとか、局部がどうなっているかを気にしていたら仕事になりません。あくまでもムダ毛の処理をすることに重点を置いているので恥ずかしがる必要はありません。

確かに最初に施術を受けるときには緊張したり、施術を受けるのに耐えられなかったりすることもあるかもしれません。しかし徐々に恥ずかしさも軽減されるはずです。口コミサイトを見てみても、「思っていたよりもどうってことなかった」という意見が結構多く見受けられます。

エステティシャンが何よりも気を付けていることに、ムダ毛の処理残しがあります。皆さんの竿や玉、肛門を見てみると結構黒ずんでいませんか?

別にこれはあなたに限ったことではなく、アジア系の陰部は黒ずんでいる傾向があるのです。このため、この陰部の黒ずみがカモフラージュになって、陰毛の処理をし忘れることもあります。この処理残しが起こらないようにするためには、陰毛に集中せざるを得なくて、実は局部を気にしている余裕のないのがエステティシャンの実際のところなのです。

ですからリラックスして施術を受けるようにしましょう。特にOライン・肛門の施術の場合、リラックスしてくれないと肛門がキュッと締まって、ケツ毛をしっかり処理できなくなります。男性のタマ毛の処理などVIO脱毛の手法について、東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選