59. ブラジリアンワックス脱毛すると毛が濃くなる・多くなるというのは本当?

82

脱毛すると毛が濃くなる?

ご覧いただきありがとうございます。東京の銀座・新宿・渋谷・ 六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)です。当店を訪れるお客様の中で、「脱毛するとムダ毛が濃くなると聞いたのですが…」という質問をされることがしばしばあります。

結論から言いますと、脱毛することでムダ毛が濃くなったり毛の量が増えたりするといったことはまずないと言って良いでしょう。ムダ毛の処理の方法として、エステサロンや医療機関ではレーザーや光を使います。レーザーや特殊な光を当てることによって、毛根にダメージを与え、ムダ毛の再生をしにくくするアプローチです。

このため、施術を受けたことでムダ毛が濃くなるということはまずないと言って良いでしょう。時折硬毛化や多毛化と言って、レーザーや光を照射した箇所にある産毛が普通のムダ毛のように太くなることはあるかもしれません。しかしこれについてもレアケースで、そう何度もあるわけではないです。

また硬毛化や多毛化というのは、レーザーや光の照射が十分でなかったことが原因と言われています。このため、逆に毛根が活性化されて、ムダ毛が太くなるといわれています。硬毛化・多毛化が起きても、その部分を念入りに照射すれば、脱毛することは可能です。

東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」では、ワックスを脱毛したい箇所に塗って、固まったところで剥がす形でムダ毛を引き抜く方式を採用しています。ムダ毛を毛根から取り除く方式をとっているので、ムダ毛が濃くなってしまうというようなことはないでしょう。

脱毛すると毛が濃くなるといわれる原因は?

ではなぜ脱毛すると逆にムダ毛が濃くなってしまうといわれるようになったのでしょうか?これはカミソリや毛抜きのような自己処理をすると毛が濃くなるというのと脱毛を混同してしまっているからと言われています。

まずカミソリでムダ毛をカットすると、断面ができます。自分のムダ毛を確認してほしいのですが、体毛は普通先端がとがっている形状になっているはずです。それをカットして断面が前面に出てくるので、それがまず毛が濃くなったという感じになります。

またカミソリや毛抜きを使った場合、毛が濃くなる理由として自分の身を守るためだからというものもあります。カミソリの場合はものを肌に当てます。そして毛抜きの場合、ムダ毛を強引に引き抜くという行為になりますのでいずれの方法をとっても肌にかかる負担は大きくなります。

そもそも私たちの体になぜ体毛が生えるかですが、皮膚を守る役割があるからです。もし肌にカミソリや毛抜きを使って刺激を加えると、「私の体が攻撃にさらされている」と身体は判断してしまいます。そこで肌をより強力に守らないといけないとなってしまって、体毛が逆に濃くなってしまうのです。

またカミソリにせよ毛抜きにせよ、毛根の部分は温存されてしまいます。ムダ毛の成長は毛根がつかさどっているので、毛根がそのままであれば、いずれムダ毛は元通りになります。

毛抜きを使えば、毛根ごと抜けるのではないかと思う人もいるでしょう。しかし毛抜きの場合でも、ムダ毛の途中のところで引きちぎれてしまうことが多いです。ですから結局毛根はそのままなので、数日もすれば元通りになる公算が高いです。

カミソリや毛抜きを使うと他のデメリットも

カミソリや毛抜きを使って自己処理をすると、このようにムダ毛が逆に濃くなってしまうかもしれないというデメリットがあります。その他にも問題となるポイントがあります。

ムダ毛の自己処理の中でも問題になるのが、肌の黒ずみです。医療の世界では摩擦黒皮症と言いますが、色素沈着という言葉の使われることも多いです。カミソリや毛抜きを使った箇所が黒っぽくポツポツとした感じになるのですが、この黒いポツポツの原因はメラニン色素になります。

カミソリや毛抜きを使って、定期的に摩擦による刺激を起こします。そこで私たちの体が肌を守るためにメラニン色素を活発に分泌させます。その結果、黒ずみが生じやすくなるのです。

一般的な傾向として、日本人に代表されるような黄色人種の場合、白色人種の方と比較すると黒ずみは起こりやすいと言われています。ですからカミソリや毛抜きをあまり頻繁に使用するのはおすすめできません。

また特に毛抜きを使用すると、埋没毛という現象が起きる可能性も高まります。埋没毛とは、肌の内部にムダ毛が成長してしまう現象をさします。埋没毛に対しては、エステサロンやクリニックで導入している医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では取りきることはできません。

毛抜きを使って肌に刺激を加え続けると、肌を守るために角質が厚みを増します。そうすると毛穴が狭まってしまって、外にムダ毛が出ることができずに肌の内部で成長してしまいます。

埋没毛の状態が悪化すると、皮膚の中で膿が溜まってしまう毛嚢炎という症状を引き起こすことがあります。毛嚢炎という症状が進んでしまうと、最悪皮膚を切開して膿を取り出すというなかなか大がかりな治療をする必要も出てくるかもしれません。

このように自己処理をすると、毛が濃くなる・多くなるというリスクもあります。しかも埋没毛や毛嚢炎などのトラブルまで起こりますので、あまり頻繁に行うべきではありません。

ブラジリアンワックス脱毛は、ワックスを使ってムダ毛を引き抜く施術になります。毛抜きと比較すると毛根からしっかり取り除ける施術なので、2~3週間はツルツルの肌の状態をキープできます。

毛抜きのように処理をして数日でまた生えてしまうということもないので、処理の頻度をかなり少なくできます。このため、肌にかかる負担を軽減できるメリットがあります。

そこでブラジリアンワックス脱毛でこれまで自己処理してきた人はムダ毛を取り除いてみませんか?以上東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選