76. ブラジリアンワックス脱毛って痛いの?痛みに関する正しい知識を身に付けよう!

024

東京の銀座・新宿・渋谷・六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)です。
ブラジリアンワックス脱毛について調べていくと、デメリットとして「痛い」ということが挙げられます。
ただ「痛い」と表現されただけでは「どれくらい痛いのか?」ということが、伝わりにくい部分もあるかと思います。
したがって、ここからは、このブラジリアンワックス脱毛の痛みについてお話を進めていきます。

「毛を抜く」が基本のブラジリアンワックス脱毛

まず「どれくらい痛いのか?」という問いですが、初めてブラジリアンワックス脱毛を体験するのであれば、結構な痛みが伴うことは覚悟した方がよいです。
それくらい痛いということですね。
単純に、毛を一気に抜く行為になるため、痛くないわけがありません。
したがって、結構な痛みになることは、当たり前のことと言えるでしょう。

特に痛い部位はIライン

ブラジリアンワックス脱毛をする部位によっても、大きく痛みが異なってきます。
人には痛覚が強い場所と弱い場所があり、言うまでもなく、痛覚が敏感な部位は、どうしても痛く感じてしまいます。
中でも、VIOゾーンのIラインは、非常に強い痛みを感じることに。
デリケートな部位であること、そして肌自体が伸び縮みしやすいところになるため、どうしても皮膚が引っ張られてしまいます。
引っ張られれば、痛みが増すのは当たり前で、どうしても強い痛みに。
ただ、IラインやOラインなどは、ブラジリアンワックス脱毛以外の脱毛法でも強い痛みを感じる場所となるため、どの道、ある程度の覚悟は必要ということは理解しておきましょう。

ブラジリアンワックス脱毛を繰り返すと痛みが和らぐ

痛いことは間違いありませんが、誤解をして欲しくないことがあります。
それが「耐えられる痛み」だということ。
そもそもブラジリアンワックス脱毛は、継続的に痛みが続くわけではなく、ほんの一瞬…つまり瞬間的な痛みのため、いくら痛くても我慢ができる範囲の痛みなのです。
したがって、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のような痛みとは違い、途中で断念してしまうほどではありません。
加えて、痛みについて朗報があります。
それが、何度もブラジリアンワックス脱毛を繰り返せば、確実に痛みが軽減されていきます。
そして、何よりも嬉しいのが「すっきり感」「爽快感」が大きいということ。
仕上がりは非常にツルツルと気持ちがよい状態になるため、痛みよりも、この爽快感が勝ってくるようになってくるのです。
また、脱毛を繰り返すことで、毛自体が細くなっていきます。
こうなってくると、最早、痛みを感じることは少なくなり、むしろ「気持ちが良い」「心地が良い刺激」と変わることもあります。
結果、初めて脱毛をするときは痛みがあるけど、徐々になくなり…逆に爽快感や心地よい刺激となり気持ちが良くなるというのが真実です。
実際に、脱毛エステでブラジリアンワックス脱毛をしているとき、気持ちよさが先行して寝てしまう人もいらっしゃるほどなのです。

痛さを軽減するためのちょっとしたテクニック

「痛みはあるけど…最終的には痛くなくなる」というのは、先の説明で理解することができたかと思います。
繰り返しになりますが、最初の方は、やはり痛いため…どうしても痛みが苦手という人は、以下のテクニックを実践してみてください。
それなりに痛みを軽減してくれるかと思います。

セルフ脱毛ではなくプロにお願いする

ブラジリアンワックス脱毛は、その手軽さからセルフ脱毛(自分自身で脱毛をすること)をする人が非常に多いです。
しかし、やはり「素人」のため、事細かいケアや、ちょっとしたテクニックを持ち合わせていません。
(プロの方は生えている毛の方向を見極めてブラジリアンワックスを塗って剥がす方法など熟知している)
実はこれが、痛みに直結してくるのです。
したがって、可能であれば、プロの方に依頼をして脱毛をすることが一番の痛み軽減に繋がってきます。

脱毛してくれるスタッフと会話を楽しむ

脱毛エステで、プロに脱毛を依頼しても、痛みは軽減されるものの、痛いものは痛いです。
となると、次なる一手は、気を紛らわせることが重要になります。
その紛らわせる方法が、スタッフとの会話を楽しむということです。
なかなか時間も短いため、スタッフと距離を縮めるのは難しいですが、それでも、何かしら会話をしていれば、気がそちらに集中するため、痛みを、それなりに紛らわせてくれます。

身体を強張らせると余計に痛い

ブラジリアンワックスを剥がすとき「痛い」という思いがあるため、どうしても身体を強張らせてしまいます。
こうなってしまうと、毛根をキュッと狭めてしまうため、剥がすときに痛みが強くなります。
強張らせてしまうのは致し方がありませんが、可能な限りリラックスをして、身体を脱力状態にして望むと痛みが少なくなります。

生理前後は肌がデリケートなため避けるべし

小見出しに記載した通り、生理前後は、肌が非常に敏感でデリケートな状態にあります。
これが痛みに直結してくるため、可能な限り生理に近い時期は避けるのが最良の選択となるといえるでしょう。

まとめ:基本的には痛いですが徐々に痛みはなくなり爽快感を得られます

基本的に、ブラジリアンワックス脱毛は痛いです。
部位によって痛みの大小はあるものの、耐えられない痛みではありません。
また、脱毛を繰り返すことにより、毛自体が細くなるため、痛みが軽減されていきます。
結果、脱毛後の爽快感の方が大きくなり、むしろ心地よい刺激に変わる場合もあります。
つまり、痛いは痛いですが、身構えるほどの痛みではなく、痛みに対する対策もあるため、怖がる必要は全くありません。
東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選