74. 結局…顔脱毛はどの方法で脱毛したらよいの?5つの顔脱毛法を紹介!

74

東京の銀座・新宿・渋谷・六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)です。
顔の産毛を始め、意外と顔にはムダ毛が多く存在します。
男性であれば、濃すぎるヒゲがコンプレックスになってしまい、常にマスクをして隠しているという方もいらっしゃるほど。
当然、女性も気になる部位となるため、顔の脱毛というのはしっかりと行っておきたいところですよね。
ということで、ここでは各々の脱毛方法を紹介しつつもメリットとデメリットについて触れていきたいと思います。

顔の脱毛を脱毛方法によって考察をしてみる

顔脱毛の種類は、大きく5つの方法に分けることができます。
(例外として、床屋さんで顔を剃るという方法がありますが、これはあくまでも「剃る」となるため、ここでは除外します)
5つ各々に一長一短があるため、しっかりと理解をして選択をするようにしましょう。
前置きはこれくらいにしておいて、早速、以下より1つ1つ説明をしていきたいと思います。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

いわゆる、脱毛クリニックのことで、医師免許を持った医者が、専用の器具を使って脱毛をすることになります。
顔の何処でも脱毛をすることができ、非常に高い効果を得ることができます。

・メリット
基本的に永久脱毛となるため、一度、顔脱毛をしてしまえば、その後は脱毛しないでよい楽さがある
医師が脱毛をしてくれるため効果は確実に現れ、かつ安心感は大きい(肌トラブルに発展した場合も対応してもらうことができる)
脱毛ができるか?を専門的な分野から判断することができるため、安全に脱毛ができる
・デメリット
基本的に料金は高い
脱毛する顔の部位によっては我慢できないほどの痛みがあることもある
足を運ぶ面倒さがある
相性の悪い医師が担当になってしまったときのストレスは非常に大きい
人気脱毛クリニックになると予約することが困難
場合によっては、断られてしまうケースもある
年齢制限がある場合もある(未成年は脱毛ができないなど)
料金形態が複雑の場合も多く理解するのに時間がかかる

脱毛サロンのレーザー脱毛のメリット・デメリット

脱毛クリニックと双璧をなす、脱毛サロン。
医師免許は持っていませんが、スキルをしっかりと持っているスタッフが、専用の機器を扱って脱毛をしていきます。
イメージとしては、医療レーザー脱毛よりも手軽にできるレーザー脱毛といったところでしょうか。

・メリット
医療レーザー脱毛と比較すると痛みが軽い
痛みが軽い割には、しっかりと効果がでる
医療レーザー脱毛よりもリーズナブルに気軽に脱毛をすることができる
脱毛サロンによっては未成年でも利用することが可能
・デメリット
医療レーザー脱毛と比較するとリーズナブルではあるが自分自身で行う脱毛よりかは高額
医師ではないため肌トラブルに発展した場合、対応が遅れたり間違えたりして悪化する可能性がある
スキルの低い脱毛スタッフにあたってしまった場合、効果に差がでてしまう
永久脱毛ではなく定期的な脱毛が必要となる
人気脱毛サロンにもなると予約が非常に困難になってしまう
料金形態が複雑の場合も多く理解するのに時間がかかる

ブラジリアンワックス脱毛のメリット・デメリット

ワックス脱毛も顔脱毛をするためのアイテムとして有用です。
中でもブラジリアンワックスを用いた脱毛が効果的となっています。

・メリット
手軽に脱毛することができる
時間を要しないため、素早く手早く脱毛することができる
専門の脱毛サロンもありしっかりと脱毛することができる
・デメリット
基本的には自己責任になるため肌トラブルに発展してしまった場合は自ら病院に行かないといけない
自己責任になるため失敗をしてしまうと必要な毛まで抜いてしまうこともある
永久脱毛ではないため何度も脱毛することが必要となる
とにかく痛く、特定の部位(鼻下など)の痛みは耐え難いものがある

クリーム脱毛のメリット・デメリット

ブラジリアンワックスなどワックス脱毛と似ているクリーム脱毛。
除毛クリームとも呼ばれ、最大の特徴は「ムダ毛を溶かして脱毛する」ということになります。
だからこそのメリットとデメリットがあることが特徴と言えるでしょう。

・メリット
手軽に脱毛することができる
痛みが軽い(肌に合わない場合はヒリヒリと痛むこともある)
毛穴が目立たない
・デメリット
効果が短く頻繁に脱毛をしないといけない
肌に合わなかったときの肌荒れ・炎症がヒドい
基本的にはデリケートゾーンや顔に利用することは推奨されていない

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器も一種のレーザー脱毛となりますが、医療レーザー脱毛や脱毛サロンで利用するレーザー脱毛器よりも出力が低いです。
つまり素人でも扱えるような安全なレーザーを使って脱毛することになります。

・メリット
一度、購入してしまえば、何度も脱毛することができる
手軽に脱毛することができる
商品数が多く選択肢が広い
利用している方も多く情報を集めやすい
・デメリット
家庭用脱毛器自体が、まだまだ金額的にも高い
効果が薄い場合も多く根気強く脱毛をしないといけない
そこそこの痛みがある
肌トラブルに発展したときの対応が遅れてしまう(脱毛クリニックや脱毛サロンであれば直ぐに対応してくれる)
脱毛自体が自己責任のため、失敗したときのリスクが高い
購入をしたにも関わらず数回使っただけで放置されてしまうケースが後を絶たない

一長一短があるため各々で判断して上手に活用していくこと

5つの脱毛法として、メリットやデメリットを紹介しましたが「これだな」と感じた脱毛方法は見つかりましたか?
人それぞれの価値観のため「これだ!」というのは、断言することはできません。
が、クリーム脱毛(除毛クリーム)での脱毛は、デメリットにも記載した通り、顔は推奨されていないため、利用しない方がよいというのは断言できます。

また、安全に高い効果を得たいのであれば、やはり医療レーザー脱毛で行うことが一番です。
もちろん金銭的に負担が大きくなるため、なかなか難しい面もありますが。
脱毛サロンも、基本的には医療レーザー脱毛と同様で、金銭面の負荷が高くなってしまいます。
となると「リーズナブルに効果も高く簡単にできる」というメリットを持っているブラジリアンワックスが、やはり有効になってきます。
痛みが強いというデメリットがあるものの、総合的に見て、一番、現実的ではないでしょうか。

顔脱毛をするときのニキビについて

顔脱毛をするとき気を付けて欲しいことがあります。
それがニキビについて。
ニキビがある状態で顔脱毛をすると、ニキビ跡になってしまったりして、ヒドい状況を招いてしまう可能性があります。
脱毛サロンによっては、気にせず脱毛をしてくれる場合もありますが、基本的には「やらない」というスタンスがよいでしょう。
ブラジリアンワックスの場合は、ニキビ周辺は避けて脱毛をすればよいだけなので、臨機応変に対応をしていく必要があります。
間違ってもニキビも一緒にブラジリアンワックスで脱毛しないようにしてください。

まとめ:顔脱毛を理解し自身の状況を理解し最適な方法をチョイスする

総合的に見て、ブラジリアンワックスを用いた顔脱毛が良いと言えます。
ただし、人それぞれの状況や価値観、重視するべき点が異なるため、一概にもいえません。
つまり、ブラジリアンワックスをオススメはしますが、その価値観・重要視するべき点を踏まえ天秤にかけながら決めていけばよいというわけですね。
顔脱毛に関しては、失敗は許されないため、慎重に慎重を重ねて対応することが大切です。
東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選