58. 気になる硬毛化・多毛化にブラジリアンワックスはどうなる?

28

硬毛化・多毛化って何?

お久しぶりです、東京の銀座・新宿・渋谷・ 六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)です。今回はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛のデメリットと言われる硬毛化と多毛化について紹介していきたいと思っています。

まず硬毛化ですが、レーザー脱毛や光脱毛をしたところのムダ毛が脱毛前と比較して毛が太く頑丈にしてしまう現象をさします。産毛であまり目立っていなかったのに、レーザー脱毛や光脱毛をしたことで黒くしっかりしたムダ毛になってしまう、何も生えていないように見えていたところから毛が生えだすといったことも起こりえます。

多毛化は読んで字のごとくで、脱毛前と比較してムダ毛の量が増えてしまうことをさします。こちらもレーザー脱毛や光脱毛をするとこのような現象の起きることがあります。

ムダ毛を処理するためのレーザー脱毛や光脱毛なのにムダ毛が増えてしまうのは本末転倒の感がありますね。なぜこのようなことが起きてしまうかですが、まだはっきりしたことはわかっていないみたいです。でも可能性の一つとして専門家の間で指摘されているのが熱量です。

レーザー脱毛も光脱毛の共通しているのは、ムダ毛に光を照射することで熱エネルギーが毛根に伝わり破壊することで処理をする方式です。ムダ毛がもともと濃くて丈夫であればいいのですが、産毛の場合光が反応しにくいのでなかなか熱量を集中できません。

十分な熱量が与えられないと毛根を破壊することができません。むしろ温かいような感じになってしまって、細胞を刺激しその働きを活性化してしまうことがあるのです。その結果、産毛や細い毛が太くなったりボリュームがアップしたりといったことが起きてしまうのです。

硬毛化の起こりやすい部位がある

上で紹介したように、細い毛や産毛の生えているところにレーザーや光を照射してしまうと硬毛化や多毛化が起こりやすくなるわけです。ということは産毛の多く生えている部位にエステサロンの脱毛をするのは、リスクも伴うことを意味します。

人によって産毛の生えている部位は違ってくるでしょう。しかし一般的には、うなじや肩、首回り、耳の下、二の腕、わき腹、ヒップ横、背中の上部といったところは細い毛の生えていることが多いでしょう。このような部位の脱毛を希望しているのであれば、カウンセリングの時に多毛化や硬毛化のリスクについて説明を求めた方が良いでしょう。

脱毛の施術を受けた人の中で、硬毛化・多毛化の起きる確率がどの程度あるのか気になる人もいるでしょう。このようなデータについてですが、まだ広範囲で行われた調査は見られません。

一例として、スペインで過去にレーザー脱毛を行っている施設で多毛化や硬毛化の起きたケースをパーセンテージで調査しています。その結果、硬毛化の起きる確率ですが10%程度だったといいます。もちろん体質や人種などによって違いもあるでしょうが、なかなかの高確率といえるかもしれません。

一方で産毛の生えにくい、濃い毛のみの生えている部位であれば、レーザー脱毛や光脱毛をしても硬毛化に陥る心配はないでしょう。具体的にはワキしややひげ、ひざ下に産毛や細い毛の生えることは少ないのでこちらに施術をしても、硬毛化を起こす心配はまずないでしょう。

体質的なものもリスクに関係してくるでしょう。もともと毛深い人の場合、産毛もあまり生えていないでしょうから硬毛化や多毛化を起こすことは低いかもしれません。また男性の方が女性と比較すると毛が全体的に濃いので、硬毛化は起きにくいと言えるかもしれません。

硬毛化が起こった時の対処法

もし硬毛化が起きてしまった場合、どのような対処をすれば元の細い毛に戻るでしょうか?いくつかの対策がありますので、クリニックやエステサロンで相談してみると良いでしょう。クリニックやエステサロンの中には、保証制度を設けていることもあるので、カウンセリングの時に質問しておくと良いでしょう。

まずは脱毛をいったん休止する方法があります。硬毛化してもそれは一時的なもので、脱毛をせずに毛根に刺激を与えないようにすると元の状態に戻る可能性があります。目安としては半年から1年程度施術をお休みして、どのように変化するかをチェックしてみると良いでしょう。

光脱毛もレーザー脱毛も、いくつかの波長の出せる機器が多いです。レーザー脱毛の場合、1つの機器で3種類の波長が出せるといわれています。波長を変えることで硬毛化した毛根を活性化しなくて済むようになることもあるといわれているので、波長を変えてもらうようにエステティシャンに相談するのも一つの方法です。

硬毛化や多毛化したムダ毛を一刻も早く脱毛したいと思っているのであれば、電気脱毛をしてみるのも一つの方法です。毛穴に電気針をさしこんで電流を流すことで毛根を破壊し、ムダ毛を取り除く方法です。毛の色や濃さに関係なく毛根を着実にしとめることができるので、確実性は高いです。

ただし一本一本施術をしますので、どうしても施術が完了するまでに時間がかかってしまいます。またレーザー脱毛やフラッシュ脱毛と比較して、かなり強い痛みの発生することもあるのでその点は留意しておかないといけないでしょう。

東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」では、文字通りブラジリアンワックスを使ってムダ毛の処理をしております。ムダ毛の気になる箇所にワックスを塗り、固まり次第剥がすことでムダ毛も一緒に引き抜く方式です。

ブラジリアンワックスの場合、毛根に熱を加えるといったような方式をとっていません。ワックスの粘着力を使ってムダ毛を引っこ抜くという、ある意味原始的な方法の脱毛です。

ですからブラジリアンワックスをしたことで、硬毛化や多毛化が起きる心配はまず必要ないです。以上東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選