20. 市販のものでブラジリアンワックス脱毛をしたら…しっかりと脱毛ができるのか?

038

東京の銀座・新宿・渋谷・六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)です。
ブラジリアンワックス脱毛のメリットは、何と言ってもお手軽で自分自身でも脱毛することができるということ。
しかし、実際にブラジリアンワックス脱毛をしてみると…何だか思うようにいかない場合があります。
「思っているほど脱毛ができない」と。
実はこれ…市販されている脱毛ワックスの選び方に問題がある可能性があります。
プロにお願いをしたときのメリットも踏まえながら、セルフ脱毛をするときの脱毛ワックスの選び方について説明をしていきたいと思います。

そもそも脱毛ワックスには各々の特徴がある

市販されているブラジリアンワックス脱毛の選び方の1つとして、ランキングサイトを参考にする方法が挙げられます。
やはり人気製品を利用しておけば、効果は間違いありませんから、1つの方法としては正しいといえます。
しかし、これはあくまでも「ブラジリアンワックスの特性を知っている上で選ぶのなら問題ない」という但し書きが必要になります。
一体どういうことなのか?を以下より、詳しく説明をしていきましょう。

ブラジリアンワックスには大きく2つの種類に分けられる

一言でブラジリアンワックスと言っても、多くの種類の脱毛ワックスが存在することは、ご存知の通りです。
その種類を実は大きく2つに分けることができるってご存知でしたか?
それが、ソフトワックスとハードワックスです。
市販されているワックスは、多くの場合が何れかに分類されることになります。
そして、両者にはメリット・デメリットが当然あり…脱毛をした部位を間違ってしまうと、綺麗に脱毛をすることができない可能性があるのです。
つまり、ソフトワックスにはソフトワックスが得意とする部位があり、ハードワックスにはハードワックスが得意とする部位があるというわけですね。
ちなみに、ソフトワックスは水性ワックス、ハードワックスは油性ワックスとも言われることがあります。
水性ワックスは主にシュガーワックスのことで、油性ワックスは松ヤニを使ったワックスです。
したがって、様々な言葉で紹介される場合がありますが、このように言葉の結びつけをしておけば、理解しやすいかと思います。

ハードワックスとソフトワックスが得意とする部位

ソフトワックスのメリットは「肌への負担が軽い」「痛みがハードよりも小さい」といったことが挙げられます。
デメリットは「粘着力が弱いため一定の毛の長さが必要」「剛毛部位は掴みきれない」が挙げられます。
つまり、毛が柔らかすぎたり、逆に硬すぎたり…短すぎたり、細すぎる部位には適しません。
例えば、顔の産毛の脱毛は、なかなか絡み取るのが難しいため適していないということですね。
適しているのは、お腹、腕、足の指、手の指などが挙げられます。

対して、ハードワックスのメリットは、ソフトワックスの逆と考えて貰えれば結構です。
したがって、ガッツリ脱毛をしたい場合に役立つ脱毛ワックス。
Vラインや、顔の産毛、足などが適している脱毛部位になります。

とはいえ、ソフトワックスでも一定の効果を得ることができるため、市販のワックスを購入する場合、「自分はまだ初心者だな」と感じるのであれば、ソフトワックスで練習をするスタンスでよいと思います。
そして慣れてきたら、部位ごとにハードワックスを使い分けて、効率的な脱毛をすればよいでしょう。

プロは適材適所で確実に脱毛をしてくれる

続いては「市販の脱毛ワックスでセルフ脱毛をする」とは正反対の「プロにブラジリアンワックス脱毛を依頼した場合」について触れていきます。
端的に言えば、色々な意味でプロに任せた方が安心というお話です。
その理由を順に追って説明をしていきましょう。

コストパフォーマンスは良いと言える

プロに依頼をすれば、当然、相応の値段が必要になります。
部位にもよりますが、2,000円~8,000円といったところでしょうか。
複数部位の脱毛を依頼すると、それだけ足し算になるため、まあまあの値段になってしまうことは事実です。
しかし、声を大にして伝えたいのは、効果は間違えなく得ることができるということ。
つまり「失敗は絶対にない」ため、市販のワックスを余計に浪費してしまい結果的に、時間とお金を無駄にしてしまったというリスクは全くないわけですね。
ちなみに、プロにお願いをしたときに要する時間は長くても1時間のため、セルフ脱毛とさほど変わりません(むしろ短い場合もある)。

プロは安全性の面でもずば抜けている

プロにお願いした場合、やはり安心感は非常に大きなものになります。
効果に関しては、先にお話した通りのため、ご理解を頂いているかと思いますが、その他の面でも安心感を得られるということです。
もう少し具体的なお話をしましょう。
最たる例は「アフターケア」。
ブラジリアンワックス脱毛で脱毛した後、毛穴が開いてしまっているため、肌のトラブルに発展しやすい状態となっています。
市販の脱毛ワックスで脱毛をした場合、やはりここが甘くなってしまい、リスクがどうしても出てきてしまうのです。
これを一切、気にしなくてもよいわけです。
また、そもそもプロだからこそ、細部まで完璧なサービスを提供しないといけません。
こういった面でも、安全性の面では、市販のものを使うよりも段違いで良いことは大きなメリットといえます。

まとめ:市販も悪くありませんが完璧を目指すのであればプロに依頼を!

昨今、市販されている脱毛ワックスの効果は非常に高く、自分で脱毛をしても一定の効果を得ることができます。
ただし、この効果を得るためには、ハードワックス・ソフトワックスのメリット・デメリットなどの知識を身に付ける必要が。
となると、確かな効果を得るためには、それなりの道のりを歩まなければなりません。
反面、プロにお願いをした場合、確かにお金の面では高くなってしまいますが、安全性、効果に関しては、確実に得ることができるため、コストパフォーマンスとしては良いと言えるでしょう。
東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選