56. 妊娠中の脱毛はNG?ブラジリアンワックスは?

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

妊娠中脱毛NGの理由

お久しぶりです。東京の銀座・新宿・渋谷・ 六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)です。

当サロンにはいろいろとムダ毛に悩む方が見えますが、中には妊娠中の女性が相談に訪れることもあります。「いつも利用しているエステサロンで施術を断られたのですが、こちらでムダ毛の処理をしてもらえませんか?」というものです。

エステサロンでは脱毛を行っている所もかなり多いです。しかしほとんどのところで、妊娠中の女性に対する施術は断られると思います。なぜ妊婦さんの脱毛をしないのかですが、万が一の事態に対処するためだと言われています。

エステサロンでは、レーザーや光脱毛を採用している所がほとんどです。レーザーや光を肌に照射した場合、多少の刺激がどうしてもあります。

普通であれば、きちんとケアをすれば問題なくても妊娠中の場合肌トラブルの起きる可能性があります。これは妊娠中は通常時とホルモンバランスが変わっていることが関係しています。肌が通常と比較すると敏感になっているので、レーザーや光を照射するといつもよりも過敏に反応するのです。

その他にも脱毛してもあまり意味ないからという理由もあります。妊娠中はホルモンバランスが変わると紹介しましたが、肌が過敏になる以外にも体毛が濃くなる結果をもたらすこともあります。

ホルモンバランスが崩れている間は、施術を行ってもしつこくムダ毛の生える可能性が高いです。肌トラブルなどのリスクがある一方で、脱毛の効果があまり期待できません。「だったら出産した後でも良いのでは?」となるわけです。

脱毛が胎児に影響することは?

エステの脱毛は胎児に悪影響をもたらすから施術はできないという人もいます。しかしエステの脱毛機器を使用することで、胎児に悪影響を及ぼすことはまずないと言って良いでしょう。たとえば妊娠初期で自分がそれに気づいていなくて脱毛の施術を受けても問題はまずないでしょう。

というのも脱毛の主流はレーザー脱毛もしくは光脱毛ですが、いずれも波長的に見てレントゲンのように体内を通過することはないからです。肌に照射してもあくまでも届くのは肌の表面まで、おなかの中にいる赤ちゃんに光の届くことはまずないです。

「妊娠していることに気づかずに脱毛の施術を受けてしまった」と言って心配している人もいるようです。しかし過去の事例を見てみると、流産したとか奇形児が生まれたという話はまずありません。

ただし医学的に見て「絶対に」胎児に影響がないとはまだ言い切れない段階です。妊婦に対するレーザーや光脱毛に関する臨床実験が行われたわけでもないですし、もしものことを考えると実験そのものも行えないでしょう。

もしかするともしかするかもしれない、その賠償責任を背負うことになれば、経営が立ちいかなくなるかもしれない、とサロン側も思うでしょう。このような事情もあって、妊娠中の脱毛は行えないとするエステサロンがほとんどなのです。

ブラジリアンワックスは妊婦でも可能

妊娠中でもブラジリアンワックスを行うことは可能です。というのもブラジリアンワックスはムダ毛の気になる肌にワックスを塗って、それをはがすことでムダ毛を引っこ抜くという手法です。ワックスが体の内部に浸透することはないので、胎児に悪影響を及ぼすことはまずないでしょう。

ただしブラジリアンワックスはムダ毛を引っこ抜くという方式になりますので、どうしても痛みが伴います。先ほども紹介したように、妊娠中はホルモンバランスが崩れて肌が過敏となっているのでいつもよりも痛みを強く感じるかもしれません。

またブラジリアンワックスをした結果、肌荒れが起きるとか、ムダ毛の処理をした毛穴が鳥肌が立った時のようにデコボコしてしまう恐れがあります。このような症状は通常時でも起きるかもしれませんが、普通であれば1日程度で治ってしまうのがしばらく痛みやかゆみが残る、腫れたままの状態が続く可能性もあります。

ですからブラジリアンワックスの脱毛をする場合には、市販のものを使って自分で処理するのはおすすめできません。市販のものの場合、化学的な成分の含まれているものも多く、肌に強い刺激を与えてしまうからです。

ブラジリアンワックスによるムダ毛の処理をする場合には、専門のサロンを利用することです。東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」では、天然由来の肌に優しいワックスを使っております。ですから肌トラブルの起きる心配は最低限になるでしょう。

ブラジリアンワックスの施術を行った時に痛みを感じることもあるでしょう。この時にもしかすると子宮収縮を起こす恐れはあります。子宮収縮は付かれている時などにも発生するのですが、生理痛のような痛みを伴うことがあります。

また子宮収縮の状態が続くと、子宮口が開くこともあり得ます。その結果、流産や早産を引き起こす可能性もゼロではないので脱毛する際には産婦人科の先生に相談してみると良いでしょう。

妊婦さんも身だしなみはきちんとしたいと思う人もいるでしょう。ムダ毛の処理をしたければ、ブラジリアンワックスによる脱毛も選択肢の一つとしてあることは頭の中にいれておいても損はないでしょう。以上妊婦さんとブラジリアンワックスとの関係について、東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」 の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選