17. ブラジリアンワックス脱毛を脱毛エステサロンに依頼した方がよいのか?と悩む方々へ

josei

東京の銀座・新宿・渋谷・六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)です。
ブラジリアンワックス脱毛の大きなメリットとして、手軽に脱毛をすることができることが挙げられます。
したがって、自分自身で行う脱毛…つまりセルフ脱毛が可能というわけですね。
現に多くの人たちが自ら脱毛をしています。
となると…どの程度のレベルであれば、脱毛エステサロンに依頼をしてよいのか?と、意外と分からなくなるものです。
例えば、簡単な腕の産毛。
非常に簡単にできるため、脱毛エステサロンに依頼をするのも何だか悪いなと思ってしまうわけですね。
ということで、脱毛エステサロンに行く前に悩んでしまうことなどについて老婆心ながらアドバイスを送りたいと思います。

脱毛エステサロンに行く踏ん切りがつかない!?

脱毛エステサロンに行って脱毛をするか?脱毛エステサロンに行く前に悩んでしまいますが…結局のところ、色々な不安があるからこそ、踏ん切りがつかない状態になっているだけと言えるでしょう。
もちろん行かずに自分で脱毛するのも1つの手です。
自分でブラジリアンワックス脱毛をするお話は、後ほど少し触れていくため、そちらを参考にしてみてください。
ということで、まずは踏ん切りがつかない理由について見てきましょう。
誰もが感じ、誰もが思っていることなので「あるある!」と共感しながら一読して頂ければ幸いです。

脱毛エステサロンで脱毛をしてもらう前に自分で処理をするべきなのか?分からないため足が向かない

よくある話で「ブラジリアンワックス脱毛を脱毛エステサロンで依頼する前に処理をしておいた方がよいのか?」と悩んでしまうケースです。
厳しい言い方になってしまいますが、正直なところ、調べれば直ぐに分かりますし、脱毛エステサロンに問い合わせれば、直ぐに回答してくれます。
ちなみに、回答は「ある程度は自己処理をしておくとよい」となります。
ただし、ブラジリアンワックス脱毛ができる程度の長さを残してカットするようなイメージです。
したがって、VIOゾーンの脱毛の場合、短めにカットしておけば、当日はスムーズにブラジリアンワックス脱毛を行うことができます。
たったこれだけなのですが、色々と不安が大きいと、このような理由を付けて、一向に踏ん切りがつかない状態になっているわけですね。
これは、決して「心が弱い」というわけではなく、あまりにも不安感が大きいため致し方がない部分なのです。
自分を奮起させ頑張るしかありません。

VIOゾーンの脱毛は特に恥ずかしいから足が向かない

続いても踏ん切りがつかない、よくある理由となります。
それが「恥ずかしい」ということ。
VIOゾーンのブラジリアンワックス脱毛になれば、当然、脱毛エステサロンのスタッフに性器を見られてしまいます。
もちろん、脱毛を実際に行うときは、見えないようにタオルで隠したり、紙パンツを履いたりと、様々な工夫がなされます。
しかし、言うまでもありませんが、作業中、見えてしまいます。
なので、見られることを覚悟するしかありません。
気休めになるか分かりませんが、ちょっとした面白い例を紹介したいと思います(面白いと表現してしまうと失礼かもしれませんが…)。
それは、男性のVIOゾーンのブラジリアンワックス脱毛になります。
男性のVIOゾーン脱毛も、女性スタッフが担当することも多いです。
つまり男性器を女性スタッフが嫌でも触ることになるため、勃起してしまう男性が後を絶たないのです。
この恥ずかしさと比べれば「見られるぐらい」と思うことができるかと。
加えて、女性スタッフに関しては「見えて当たり前」と思っており、意にも介していないため安心してください。
「変な形の性器だな」なんて微塵も感じていません。
言葉が悪いですが「恥ずかしい」と思うのは、一種の自意識過剰というわけですね。

痛そうだし…行くのに勇気がいるから足が向かない

ブラジリアンワックス脱毛のもう1つのデメリット…それが「痛み」について。
色々とインターネットで調べていくと、どうしても「痛み」に関しての記述が多いです。
「毛を抜く行為だから強い痛みがあって当たり前」と。
この情報が二の足を踏む状態を作ってしまうわけですね。
この手の悩みに関しては、声を大にして…こう伝えたいです。
「覚悟しなさい」と。
脱毛の痛みに関しては、何もブラジリアンワックス脱毛だけの話ではありません。
レーザー脱毛、ニードル脱毛、フラッシュ脱毛、剃毛…いずれも痛みを感じる脱毛法です。
特にニードル脱毛の痛みは伝説レベルで、我慢ができずに辞めてしまう人もいらっしゃるぐらいです。
この痛みと比べれば、安いものです。
特にブラジリアンワックス脱毛は、痛いと言っても、痛みを軽減できるテクニックはいくつもあります。
やってみたら意外と大丈夫だったと感じることの方が圧倒的に多いです。
もちろん、自分自身でセルフ脱毛をすれば、痛いのは決まっています。
素人ですからね。
プロの方であれば、この痛みの軽減方法を熟知しているため、痛みが怖いのであれば、なおさら足を向かせたほうがよいと断言できます。

自分で処理するべきなのか?という…よく耳にする悩みについて

さて、ブラジリアンワックス脱毛のもう1つの悩み…実際のところ、自分自身で脱毛をしてしまえば良いのでは?と思うことです。
つまり脱毛エステサロンに足を運ばなくても、ブラジリアンワックス脱毛はできるため、自分でやってしまえということですね。
となれば、先のお話のような思いはしなくてもよく、非常に気が楽と言えるでしょう。
ということで、自分で処理すべきなのか?について触れていきたいと思います。

自分で出来る部位であれば自分でブラジリアンワックス脱毛しても問題ない

結論から言ってしまえば、自分で脱毛をしてしまうことは何ら問題ありません。
先のお話で挙げたような「踏ん切りがどうしてもつかない」という場合は、自分自身で脱毛をしてしまうのも1つの手です。
特に簡単に出来てしまう部位であれば、なおさらです。
腕の産毛、脇毛、足全般、顔、胸、お腹と…かなりの部位が自分自身で出来てしまいます。
VIOゾーンに関しても、Iライン、Oラインは多少難しいですが、慣れてこれば自分で出来てしまいます。
したがって、繰り返しになりますが、どうしても「嫌だ」と思うのであれば、自己処理をしても問題はありません。

絶対に綺麗に仕上げたいのであれば自分ではなくプロに依頼を

ただ、自己処理を行う場合は、ちょっとしたデメリットもあることは理解しておかなければなりません。
1つが背中の脱毛が難しいということ、もう1つが、どうしても脱毛自体にムラが出てしまうということ。
特にVラインを綺麗な形に整えたいとなったとき…意外とワックスの扱いは難しいため、思うようにデザインどおりに脱毛ができないのです。
市販でアタッチメントが販売されていますが…それを利用してブラジリアンワックス脱毛をしても、どうしても上手くいかないことが多いです。
結果、本当に綺麗な仕上げを望むのであれば、やはり脱毛エステサロンに依頼をするのが一番です。

まとめ:分からない場合は脱毛エステサロンと相談して決めればよい

最後のまとめになりますが…結論から言うと、分からなければプロに質問をして相談をしてしまおうとなります。
脱毛エステサロンに行く前に処理をしておくべきか?自分で脱毛をするべきか?など、利益にならないような相談でも親身になって回答してくれるプロの方々は多いです。
遠慮せずに相談して、背中をおしてもらうのが一番よいかと思います。
東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選