44. アソコの毛の処理の仕方が分からない!そんな方に紹介する7つの脱毛法とは?

026

東京の銀座・新宿・渋谷・六本木のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)です。
最近、アンダーヘアをしっかりと処理をするという時代になりつつあります。
その理由の1つとして挙げられるのが、インターネットの検索キーワードで「アソコの毛の処理の仕方」などで調べている人が非常に多いからです。
ということで、その疑問にお答えすべく、以下より、アソコの毛の処理の仕方について触れていきたいと思います。

アンダーヘア脱毛…7つの方法とは?

アンダーヘアの脱毛は大きく7つの方法があります。
「そんなに方法があるの?」と驚いた方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、多くの脱毛法が存在するということで…それだけ、色々な人が悩んでおり、結果、これだけの方法が編み出されたというわけですね。
では、1つ1つの脱毛法について詳しく見ていきましょう。

レーザー脱毛で時間かけて永久脱毛する

アンダーヘアの脱毛といえば、やはりレーザー脱毛が真っ先に思いつきます。
昔から存在する方法でもあるため、知名度も高く、効果も高いことは、既に認知されています。
したがって、アソコの毛の処理の仕方の代表格と言えるでしょう。

メリット

永久脱毛のため、脱毛が完了すれば、その後の手入れはしなくてもよい
痛みが伴うものの基本的には皮膚へのダメージが少ない(メラニン色素に反応する仕組みのため)
プロが処理してくれるため安心感と確実性がある

デメリット

アンダーヘアへの照射は痛みが伴う(特にIラインは非常に痛い)
時間と費用が多く必要となる
人気脱毛クリニックにもなると予約が非常に困難になり脱毛がなかなか進まない
体質的にレーザー脱毛の効果が薄い人もいる
永久脱毛が故にVラインを無毛状態にしたら一生無毛状態になってしまい後悔することもある

フラッシュ脱毛で負担をかけずに綺麗に脱毛する

レーザー脱毛の照射レベルが弱まった脱毛法とイメージして貰えればよいです。
医師免許が不要で、基本的に脱毛エステが施術してくれる脱毛は、このフラッシュ脱毛になります。
こちらも、レーザー脱毛と同様に昔から存在する脱毛法のため知名度も高く人気の施術となっています。

メリット

レーザー脱毛よりも威力が弱いため痛みは軽減される(肌へのダメージも比例して小さくなる)
レーザー脱毛と同様にプロが対応してくれるため確実性や安全性は高い
永久脱毛ではないためVラインのデザインに失敗してもやり直しが効く

デメリット

あまりにも剛毛だと効き目が薄く時間を多く要してしまうことがある
効果がでるまでに時間を要してしまう
何度も通わないといけないため金銭的な負担も大きい
人気の脱毛エステになってくると全く予約が取れず脱毛が全く進まない(元の状態に戻ってしまって、また1からやり直しになる場合も)

除毛クリームで溶かして脱毛をする

除毛クリームは、ムダ毛部分にクリームを塗ることで脱毛ができるアイテムです。
剃るのでもなく、抜くでもなく、毛を溶かすという位置づけです。
したがって、塗って洗い流すというだけの脱毛法になるため、非常にお手軽に脱毛ができます。
ただ…アンダーヘアに対して脱毛をするとなると…できてVゾーンだけという制約がついてしまいます。

メリット

先ほど記載した通り塗って流すだけなので非常にお手軽
剃るわけではないためカミソリ負けや切り傷を心配する必要がない
広範囲の処理ができ、かつスピーディー

デメリット

「毛を溶かす」という薬品を使用するためアレルギー反応を起こしてしまう可能性もある
人によっては非常にヒリヒリする痛みがでることもある
毛を溶かすだけの脱毛のため直ぐに生えてきてしまう
デリケートな部分は基本的に使用をしてはいけない(それだけ強い薬品を使っているためギリギリでVラインでの使用)
そもそも剛毛のムダ毛ようではなく、産毛を脱毛するためのアイテムのためアンダーヘアに適さない

毛抜きで地道に抜いていく

古典的な方法ではありますが、より確実に脱毛ができる方法ではあります。
ただ、どちらかと言うと、メインで使う脱毛法ではなく、ブラジリアンワックス脱毛などで抜ききれなかった毛を抜くというような、サブ的な位置づけと言えるでしょう。

メリット

1本1本を確認しながら抜いていくため確実に脱毛ができる
Vラインを整えやすい(丁寧な脱毛が可能)

デメリット

部位によっては強い痛みを感じる
Oラインは非常に厳しい姿勢で1本1本抜いていかないといけない
Iラインの中でも性器に近いところは本当に痛い
1度の脱毛で時間が非常にかかってしまう

ブラジリアンワックス脱毛で一気にムダ毛を処理する

人気女性モデルや海外セレブたちが、こぞって利用している脱毛法である「ブラジリアンワックス脱毛」。
日本でも当たり前のように脱毛することができるようになっています。
ワックス自体も天然成分が基本となっている(自作ができるほど)ため、安心して利用することができます。
VIOゾーンの脱毛方法としても非常に相性のよい方法です。

メリット

塗って剥がすだけなのでスピーディーに脱毛ができる(脱毛エステも1時間もかからない程度)
非常にリーズナブルに脱毛することができる
除毛クリームのような強い薬品を一切使っていないため安心
Vラインのデザインにも対応できる柔軟性がある
一定期間、本当にツルツルの肌になり爽快感がある

デメリット

一気に毛を抜くことになるため最初は非常に痛い(何回も脱毛することで痛みが軽減できる)
永久脱毛ではなく1ヶ月程度のサイクルで脱毛をしないといけない
脱毛するために5mm程度の毛が必要となるため次の脱毛までチクチク感があるときがある(何回も脱毛することで毛が柔らかくなり解消される)

カミソリで剃毛する

毛抜きで抜く方法と同様に古典的ではありますが、瞬間的な脱毛ではトップクラスの方法といえます。
Vラインの形取りもしやすいため、夏場など仕上げとして剃る人も多いです。

メリット

安価でスピーディーに脱毛することができる
半日程度はツルツルのお肌になる

デメリット

カミソリ負けをしてしまい痛い思いをしてしまうこともある
失敗してしまい切り傷を作ってしまうことがある
Iライン・Oラインは無理な姿勢で剃ることになるため危険
剃ったとき、毛先が尖ってしまうため、少し生えてきただけでチクチクと痛い思いをしてしまう
直ぐに毛が生えてきてしまうため、小まめな剃毛が必要となる
短期間で何度も剃ってしまうと色素沈着など肌トラブルに発展してしまうこともある

ヒートカッターで剃毛しつつチクチク感を失くす

カミソリの上位互換といったところでしょうか。
剃るというよりもカットするというイメージ…だからこそヒートカッターというのですが。
アンダーヘアを整える方法として使いやすい道具となっています。

メリット

カットのとき断面が丸くなるためチクチク感がない
簡単にカットできるためお手軽
基本カットのため肌への負担が小さい

デメリット

カットだからこそ直ぐに毛が伸びてしまい短いスパンで手入れが必要

まとめ

いかがでしたか?
以上の脱毛方法をしっかりと比較して、自分自身にあったものを選択することが大切です。
東京のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」の店長・麻美(あさみ)が解説しました。

スタッフブログ新着記事

もっと見る

ブラジリアンワックス知恵袋100選